ウーマン

膣の縮小をするとコンプレックスが嘘のように無くなる

あっという間に解決

お尻

相談しにくいが

女性の悩みの一つに膣の緩みがあります。多くは出産や加齢によるものですが、若い人や未産婦の人も少なからず悩みをかかえています。膣が緩むとお風呂のときにお湯が入り込みやすくなりますし、下着も汚れやすくなります。また、パートナーが満足できないのではないかと不安を持つ女性も多く、相談しにくい悩みでもあるため一人で抱え込んでしまうようです。そんな悩みは膣縮小手術ですぐに解決されるでしょう。しかしデリケートな部分のため、どうしても膣縮小手術に躊躇してしまう人も少なくありません。ですが、最近は手術方法も発展していますし、医師の技術も向上していますので、まったく痛みを心配する必要はないでしょう。手術自体は短時間で、日をまたぐこともありません。

満足度アップ

実際、膣縮小手術を経験した人は、その簡単さに驚くほどです。手術時間は一時間程度ですし、いわゆるダウンタイムもかなり短くなっています。手術前にはしっかりとカウンセリングをおこなってくれますので、精神的にもとても楽になります。多くのクリニックで膣縮小を取り扱っていますが、クリニック選びの際には症例数の豊富さを見ましょう。失敗の許されない手術ですので、医師の技術はもちろんのこと、院内の雰囲気やスタッフの対応なども注目すると良いでしょう。費用は保険適用外なので安くはありませんが、分割払いを受付けてくれるところも多いので安心です。膣縮小手術は感度を高めることにもなりますので、パートナーとの営みは互いに満足できるものになるでしょう。

下を向く人

緩みや尿漏れを改善

膣縮小する方法には手術の他に高周波やレーザーを用いる方法があります。手術の場合には余分な皮膚を取り除き縫い縮めて膣を縮小します。手術時間が短く安全性の高い方法ですが、体にメスを入れるのに抵抗があるという人もいます。そういった人に人気なのが高周波やレーザーで、膣の奥の方まで縮小できます。

頭を抱える女性

脂肪を注入する治療方法

自分の脂肪を注入する膣縮小治療が人気です。アレルギー反応が起きる心配もなく、傷跡も残りません。半年から1年で自然に元の状態に戻るため、これから出産したいと考えている女性にもぴったりです。コンプレックスを解消し、妊活や婚活に励む目的で治療を受けるケースも少なくありません。

レディ

女性器萎縮の原因と対策

閉経後更年期を迎える頃、女性もコラーゲンなどが現象し膣が縮小することがあります。違和感や乾燥感など普段と違う感覚に戸惑うかも知れませんが、生活習慣を見直すことで改善できます。普段から不足しているエストロゲンを増やす大豆製品、果物を積極的に摂取しましょう。食べ物に気をつけることで状態は良くなります。