レディ

膣の縮小をするとコンプレックスが嘘のように無くなる

女性器萎縮の原因と対策

レディ

女性器が萎縮すると

加齢の影響で膣が縮小すると、様々な不具合を生じます。原因が分かっていれば対策に励むことができるので、自覚する症状がある時は膣縮小対策に取り組みましょう。閉経後更年期を迎える頃、膣が縮小するケースが増えます。体内の女性ホルモンの中でも、エストロゲンの分泌量が一気に減ることで内部の潤いが足りなくなります。膣の中のヒダも膨らみを失って縮小するので、今までとは違う感触に違和感を覚える女性も少なくありません。膣内のコラーゲン量が減ることも膣縮小反応に影響します。老化による膣縮小は引き締まって狭くなる反応とは異なり、逆に膣の締まりの悪さを感じるケースが大半です。縮小した膣の奥が広がり、入浴時お湯が大量に入り込む症状も代表的な症状の1つです。女性器の中の痒みや乾燥感、異臭などの症状に身に覚えがあるなら、普段の食べ物を見直しアンチエイジング対策に乗り出しましょう。

積極的に食べたいもの

加齢の影響で膣縮小が始まったら、不足したエストロゲンを補う食材を積極的に摂取するよう気をつけましょう。お豆腐や豆乳、大豆などイソフラボン豊富な食材や、海藻、ナッツ類もおすすめです。野菜ではバストアップ効果も期待できるキャベツが一押しで、きなこや果物もおおいに口にしたい食べ物です。サプリメントを服用する時はホルモンバランスを整える作用に優れたプラセンタやビタミンB郡が効果的です。生活習慣を改善して効果が得られるまでに時間がかかりますから、待ちきれない方はエストロゲンを含む軟膏を女性器の表面に塗って対応しましょう。塗るだけで縮小が進行するのを食い止め、乾きやすい状態から潤いやすい状態に整えてくれます。