レディ

膣の縮小をするとコンプレックスが嘘のように無くなる

緩みや尿漏れを改善

下を向く人

緩みが気にならなくなる

出産を経験した女性に多い悩みに、膣が広がって元の状態に戻らないというものがあります。赤ちゃんがお腹にいる間は骨盤が広がり、出産時にはさらに広がる為すぐには元に戻りません。そのままにしておくと頻尿や尿漏れを起こしやすくなります。また膣がもとに戻らないことでパートナーとの関係が上手くいかなくなることもあります。膣の緩みは骨盤を支えている筋肉が緩むことが原因なので、筋肉を鍛えるようにするとある程度改善します。しかしもともと膣が大きな体質の人や、時間がたっても元に戻らない場合には美容整形外科などで膣を縮小する施術を受けると良いでしょう。縮小する方法としては膣内の余分な皮膚を切除して縫い縮める方法や、ヒアルロン酸注入、レーザーや高周波を利用する方法などがあります。

メスが不要

膣を縮小する方法として人気があるのがレーザーや高周波を利用した方法です。膣の皮膚を切り取って縫いとめる手術は長年行われており、効果が高く安全性の高い方法です。手術時間も30分程度で一度手術を受ければ緩みに悩まされることがなくなります。しかし体にメスを入れるのに抵抗があるという女性も少なくありません。レーザーや高周波は手術が不要なので人気が高まっています。高周波を照射すると熱エネルギーによって皮膚が収縮してくるので、膣の内部が引き締まってきます。麻酔も不要でダウンタイムが短いというメリットもあります。レーザーは子宮の入り口にまで照射できるので、膣全体を縮小できます。緩みを改善できるだけではなく尿漏れの悩みにも大変効果があります。